殺人犯にしたてられて逃亡。
そして犯人は……。
この組み合わせは……そうか、あれと同じなんだ。
みたいなことを思った。全然違うんですけどね。

カラクリ・ノーフェイス

というわけで無実の罪で逃げ回る話。
こういうのは、誰が味方で誰が敵か
その辺、考えながら読むと結構おもしろかったりします。
そして、それをなかなか悟らせないのもうまいなと思った。
クシナ自体は悪くないけどその後ろには……的なのを予想してたんだが
もうちょっとシンプルな結果で
裏をかかれたというか深読みしすぎたというか……とにかく予想は外れました。

それでもなかなか楽しめたからいいかな。
ミソギの世間知らずっぷりと戦闘力とのギャップとか
すごくよかったと思います。
ああいうの、前にも見た気がするんだけど
何かと言われると思い出せない。
そういうよくわからない懐かしさを感じました。

なんとなくだけど続いたらいいなと感じる作品でした。

2015-75
スポンサーサイト



2015.09.13 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/2657-861300ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->