封印区画

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

実験中

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  01  12  11  10  09  08 

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    ……までの距離

    学園祭でお化け屋敷をやるところって
    実在するんだろうか?っていつも思う。
    ついでにああいうものが実在する世界で怖がる人がいるのかってところも……。

    できそこないの魔獣錬磨師 (3)

    学園祭に紛れて、暗躍する某組織の方とやりあう話。
    レインを取り合い?してる3人の行動に対して
    いまいち適当にしか反応しないレイン
    読んでてひどいなという反面
    無理矢理つきあわされるとああなるのかなと
    変なところで妙に納得できるところがある。

    一定の距離まではつめれるがそこから先はつめれないという
    ハーレムもの特有のアレなんだろうか。
    それにしても気がなさすぎる気が……。

    だれとくっつくか気になる反面、
    結局だれともくっつかず終わるのではという気がする。
    作者的にメインはそっちじゃないみたいだし……。

    あの人がカルナを知ってたということは
    そのうちさらっと登場とかしそうな感じだな。
    ひきがひきだっただけに次で終わりそうな気もするけど

    2015-79
    スポンサーサイト

    comment

    管理者にだけメッセージを送る

    Pagetop ]