月1ペースで「女の子拾いました」系のラノベ読んでる気がする。
もう完全に定番ということなんでしょうか。
拾った子が力を持ってるという点まで含めて……。

くもりのちナイン 破壊少女は、貴方のためだけに涙する

そんなわけでひょんなことから拾った子とともに
旅に出るみたいな話。
どちらかというと追い出されたという感じなんだけどね。

ただこういうのにしては、拾った側の扱いが適当というかぞんざいな感じで
それがナインとその周りに与える影響というのが
ありそうでないパターンだったかなと思う。
あの場合、周りがおかしいのかなという気がしないでもないが……。
経過はどうあれ、こうして無機質なものが変わってくというのは、
何度見てもいいものです。

あと、読んでからしばらく考えてたのが
道具としての生き方へのこだわり。
絶対どこかで見た気がするんだよな。
それが意外と思い出せない。
こういうのが結構もやもやするんだよな。

2015-85
スポンサーサイト
2015.10.17 Sat l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/2691-758027fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->