封印区画

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

実験中

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  01  12  11  10  09  08 

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    あれだよ、あれ。みたいな……。

    月1ペースで「女の子拾いました」系のラノベ読んでる気がする。
    もう完全に定番ということなんでしょうか。
    拾った子が力を持ってるという点まで含めて……。

    くもりのちナイン 破壊少女は、貴方のためだけに涙する

    そんなわけでひょんなことから拾った子とともに
    旅に出るみたいな話。
    どちらかというと追い出されたという感じなんだけどね。

    ただこういうのにしては、拾った側の扱いが適当というかぞんざいな感じで
    それがナインとその周りに与える影響というのが
    ありそうでないパターンだったかなと思う。
    あの場合、周りがおかしいのかなという気がしないでもないが……。
    経過はどうあれ、こうして無機質なものが変わってくというのは、
    何度見てもいいものです。

    あと、読んでからしばらく考えてたのが
    道具としての生き方へのこだわり。
    絶対どこかで見た気がするんだよな。
    それが意外と思い出せない。
    こういうのが結構もやもやするんだよな。

    2015-85
    スポンサーサイト

    comment

    管理者にだけメッセージを送る

    Pagetop ]