今さらながら5日前のニュースに反応してみる。

「生活保護者が朝からパチンコはよくない」 別府市の「巡回」「支給停止」にネットで称賛相次ぐ

そりゃまぁ、そんな使い方されたら
税金を払ってるほうは怒るよなという意見には同意。
自分が同じ立場になったらという反論はよく聞くが
その時は、そのときでパチンコに手を出したりはしないと思うし……。

というか、このニュースで注目したいのは、
大幅に減らされてもちゃんと生活してられるということ。
金がなくて生活ができなくなると言ってる人は、
金があればあるぶんだけ使うからそうなるわけで
なけりゃないなりに生きていけるものである。

実際減額されたときもクレームはあっても
それが原因で餓死したとかいう話は聞かない。
だから真面目な話、生活保護はもっと減額していい。
少ないとか足りないとかいうやつはいくらもらっても言う。
だからいちいち相手にしなくていい。
今回のニュースはこれを証明する形になったと思う。
スポンサーサイト
2015.12.22 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/2755-5831de34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->