起こるべくして起こった挫折
今までがうまくいきすぎてた感があるだけに
こういう話が出てくると少しほっとする。

レオ・アッティール伝 (3) 首なし公の肖像

そんなわけで気づいたら3巻目も買ってました。
今回は、内戦の話ですね。
ああいうのが出てくるあたりやっぱり現王は、無能ということなんだろうか。
レオを有能に見せるためなのだろうか。
毎回、これでもかというくらい無能っぷりがアピールされてる気がするんだよね。
今回も今回で結構ひどい。
そんなこんなでレオが初めて失敗したとかそういうところかな。

そして後半はクオンがメイン
ところどころで重要なことをしてるんだけど
いまいちつかみどころのなかった彼の過去があれか。
ああしてみるとクオンは、レオに過去の自分を重ねたとか
そういう意味でついてるのかなとなんとなく思った。
意外とヘビーな過去なんだよね。
そんなこんなの流れでこれからってところで終わりやがった。
嫌な焦らし方だ。しょうがないから次を待つことにします。

2016-5
スポンサーサイト
2016.01.16 Sat l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/2776-b4acbf9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->