封印区画

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

実験中

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  01  12  11  10  09  08 

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    成り代わりと聞いて

    タイトルが成り代わりということで
    あっち系の展開が少しでもあるかなと思ったが空振り
    そんなもんですよね。

    九十九さん家のあやかし事情 (2) 五人の兄と、成り代わりの鬼

    というわけで逃げたあやかしを回収していく話だと思ってたら
    2巻目でおもいっきり方向転換してました。
    契約って思ったよりアバウトなものなんですね。

    そしてもう少し焦らされるかなと思ってた
    例の妖怪、思ったよりはやく出てきました。
    鬼さんよりよっぽどあっち系の展開を見せてくれそうで
    ラスボスということもあり地味に期待してます。(間違った意味でだとは思う)

    あとは、術者方面もおもったより複雑な関係があるみたいですね。
    最後に出てきた子とか意外と黒幕だったりして……。

    そんなこんなであやかしさんがいろいろやってたりするんだけど
    扱い軽いなとか思ったりした。
    あかねと5人の兄の話と割り切ってしまえばそれまでなんだけど……。

    2016-6
    スポンサーサイト

    comment

    管理者にだけメッセージを送る

    Pagetop ]