封印区画

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

実験中

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  01  12  11  10  09  08 

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    -

    因子0と見せかけて封じられてるだけ。
    わりとお約束な感じですね。

    超飽和セカンドブレイヴズ ―勇者失格の少年―

    勇者が一種の職業化してる世界で
    災禍獣と戦う話といってしまえばそれだけなんだが
    その勇者というのが一癖も二癖もある連中
    っていうか、勇者じゃなくて大道芸人な気が……。

    そんなわけで話が止まったなというタイミングで出てくる
    勇者の馬鹿さ加減が結構好みでいい感じでした。
    最終決戦で集結してきたときは、おおっというより
    おまえ何ができるの?って思ってしまいました。
    嫌いじゃないけどああいうのは……。
    でも明らかに地下のほうに加勢に行くべきと思えるのが数人……。

    スポンサーというか黒幕はおおかた予想通り。
    最初に意味深なことを言っておいて
    その後、全く出てこないとか怪しすぎるだろ。
    依頼人とか言い出した時点ですぐ分かりました。
    ただ組織ぐるみとまでは、思わなかったけど……。

    主人公はわりとテンプレっぽい感じで
    いまいちピンと来ない感じで
    なんていうか記憶に残らないというか影が薄いというか
    完全にエステルに食われたという感じかな。
    能力があれなだけにすごい皮肉っぽい気がする。

    そんな感じだがこれで終わるなら悪くないかな。
    というか、続いたらいろいろ壊れそうだからここで止めるべきだ。
    そんなふうに感じる話でした。

    2016-21
    スポンサーサイト

    comment

    管理者にだけメッセージを送る

    Pagetop ]