主人公のことをナオと呼ぶ人が限られてて
最後にあの人物がナオと呼んだってことは……。

ブラッディ・ギアス

やはり今年は吸血鬼ものにあたる確率が高い気がする。
まだたまたまの範囲だろうか。

そんなわけで吸血鬼×ループっぽい感じの話。
でも最後のアレを見る限りループってのは違いそうな気が……。
かといって他にそれっぽい言葉がないから
結局ループなのかなという気になってしまう。

話は複雑なようで意外と単純なんだが
霊媒師云々で部屋に入るなとか
悪質なカルト宗教にしか見えないことやってて
よくまわりが信じるなとかそんなところが気になる。
っていうか、バトルになると殴るだけだから
戦闘シーンはいまいちで他のところに目がいくということなんだろうか。
実はハンターのほうにも事実を誤認させる能力が備わってるとか
そんな気がしてきた。
アクリってなんでもありっぽい感じだし……。

最初と最後のシーンが意味深だっただけに
気になると言えば気になるんだが
次も買うかといわれると微妙なところだったりする。

2016-32
スポンサーサイト
2016.04.03 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/2858-2b0eca07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->