1巻で相手にとどめを刺したのがあの子で
2巻で相手にとどめを刺したのがあの子で
そして今回相手にとどめを刺したのがあの子
そうか、おいしいところは全部あの子が持って行ってたのか
どうりで主人公の影が……。

堕天のシレン (3)

Posもいよいよ大詰めということで
ラストにとんでもない怪物が出てきたってことになってるんだが
あんなのがいるんだったら主人公のスキルもチートの部類に入る気が……。
あと、戦闘パターンにバリエーションがないなと思ったら
スキルが全く増えてないのに気づいたのが今回だったりする。
気づくの遅すぎますね。

最終巻だからかどうかは知らないが
主人公がいつになく黒い。
そしてその裏にあるえぐい過去。
あまりに唐突でこれのためだけにあいつ出てきたんじゃとか
そんなことを考えたりもしました。
今まで過去の話なんて気にもしなかっただけに
こんなところで明かされたのがちょっと意外という感じかな。

ラスボスの倒し方はだいたい予想通り
彼のスキルが分かったあたりでこれやりそうって気がしてた。
もっとも奴隷化してからやるとは思わなかったけど……。

あの子との関係は進展しそうで
進展しないまま終わったけどそれがいいなと感じてます。
最終的なあのまとめ方は結構すきです。

2016-34
スポンサーサイト



2016.04.11 Mon l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/2866-11595b3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->