封印区画

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

実験中

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  01  12  11  10  09  08 

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    二転三転

    あれが敵であれが味方で……。
    というのが二転三転して少し混乱した。

    血翼王亡命譚 (1) ―祈刀のアルナ―

    こうだろうなと予想してたら
    ことごとく裏をかかれた。
    そういう意味では楽しめたんだが
    やっぱりアルナが救われなかったのは
    ちょっとあれだなという気がしている。

    話自体は好きな部類に入るんだけどな。
    どこか残念というか、
    あの2人の話ならあの終わり方はないよなと
    そんなことを何度も思いました。
    こういうのって回想シーンで出てくることは結構あっても
    これがメインで一作できてるってのはなかなかない。
    そういう意味でも裏をかかれた感はあるんだよね。

    1ってついてることは、続くんだよね。
    そこでもう少しアルナにフォローをって考えてしまうのは
    間違っているだろうか。

    2016-36
    スポンサーサイト

    comment

    管理者にだけメッセージを送る

    Pagetop ]