変装名人という設定を見て
もっと知らぬうちに暗躍してるのかなと思ってたが
想像以上に期待外れでした。

アサシンズプライド (2) 暗殺教師と女王選抜戦

影でいろいろやるタイプだというから
どこでそれが明らかになるかとわくわくしてたのに
護衛の監視が厳しすぎて何もできなかったとか
さすがにそれはねーわって感じでした。

そんなわけで刺客については、低評価な反面
刺客のかたよりこそこそしてたあの子のほうが
いろいろとそれっぽくて好印象でした。
あれが持ち出したデータってのが次のひきがねになったりするのかな。

そして謎のほうが、それぞれ別の人が犯人っていうのは、
たまにあるパターンで忘れた頃に出てくるから
いつもやられた感があるんだよね。
それはそれでおもしろいからいいんだけど……。
そしてそれに一つも絡んでない刺客さん……。
書けば書くほど惨めな感じがするんだけど。
最後も救いっぽい救いはないみたいだし……。
あの子、もう少し活躍させてあげてもと思わずにはいられないレベルですね。

夏に出る次巻あたりでワンチャンスくらいあればなぁ

2016-38
スポンサーサイト
2016.04.23 Sat l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/2879-dbfad835
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->