壮大な設定を前面に出すと
打ち切られるのはラノベの宿命か?
みたいなことを思ったが別にラノベに限ったことじゃないな。

セブンサーガ (2) ~七つの大罪 氷の王国は怠惰に眠る~

そういえば指名手配されてたんだっけ
前巻のラストがあまりに和気藹々としてるもんだから
すっかり忘れてた。

そんなラファエルたちが北へ亡命した先で事件が……。
と、思ったんだがよく考えると事件らしい事件は起きてないな。
なんていうか、未然に防がれてしまって
いまいち盛り上がらなかった感がある。

ついでに怠惰をかすめ取られる展開の蛇足感がひどくて
もう少しなんとかならなかったのかなという気がしてしょうがない。
本当に『ついで』みたいな感じだったな。
かすめ取るのがヘイミルだったらもっと盛り上がったと思う。
重要人物とはいえ、ああいうところで
ちょこっと出てきてああいうことされるとなぁ……。

そんな感じでわりと不完全燃焼な一冊。
正直言って物足りなかった。
好みの展開じゃなかっただけかもしれないけど……。

2016-43
スポンサーサイト
2016.05.18 Wed l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/2902-0cf70516
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->