前巻もそうだったけど
今回も重い話だったな。

血翼王亡命譚 (2) ―ナサンゴラの幻翼―

前巻の終わりから完全なヒモ生活で亡命中の彼が
イルナの次の目的地のナサンゴラでまた騒ぎを起こす話

今回の仕掛けもすごかった。
町全体が塔の上にあると予想してたが
これもきれいな形で裏切られた。

そしてジルの正体とか、洞窟内の言血とか
いい感じでおおっと思うところが多かったです。
それでも一気に読めるような軽さはないんだよな。
でも悪くない。
9月発売予定の次巻も期待したいところ。

2016-51
スポンサーサイト



2016.06.18 Sat l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/2932-ea3b526b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->