封印区画

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

実験中

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  01  12  11  10  09  08 

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    裏切られ続けて

    毎度毎度、予想を裏切られてたこのシリーズ
    最後までいい意味で裏切ってくれました。

    血翼王亡命譚 (3) ―ガラドの夜明け―

    アルナとの再会と別れのシーンが
    本当にいろんな意味で切なくていい。
    書庫で血翼王と再会したときに少しくらい出てきても
    とか思ったけどあそこで出てきたら
    別れのシーンが台無しになった気もするので
    あれはあれでよかったのかな。

    あとは、女王がああなったり
    戦争を止めるためにアルナが○○に飛ぶとか
    本当に予想外の連続で
    それでいて最後はきれいに終わってて気持ちよかった。

    2016-75

    ディナンというか猫の最後はあれでよかったのかなと
    そこだけは、ちょっとあっさりしすぎてた気がするけど
    あまり考えない方がよさそうだ。

    それこそタイムパラドックスとか言い出したら
    きりがなさそうだし……。

    スポンサーサイト

    comment

    管理者にだけメッセージを送る

    Pagetop ]