そういえばこのシリーズで死ぬという展開は、
まだなかったんだな。

九十九さん家のあやかし事情 五 五人の兄と、狐の嫁入り

珍しく2話構成……。
雷電の話は、いつものノリみたいな感じで
雷電一人でドタバタしてたというイメージ
結局元鞘ということで安心したというか、盛り上がらないというか……。

一方で風牙の話は、切ない。
別れらしい別れってこの人初めて書いたんじゃないかな。
呪詛解いてから助からないと分かってからの展開が
本当に切ない。
生きてれば必ずあることとはいえ、こういうのはちょっと苦手。
悪いわけじゃないんですけどね。
いつものパターンだと誰かの式神になるのかなと思ってただけに……。

2016-78
スポンサーサイト
2016.09.25 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/3020-8d589076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->