封印区画

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

実験中

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  01  12  11  10  09  08 

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    結局1巻も……。

    2巻だけ読んでて1巻は、どうするかと思ってたけど
    たまたま見かけたので結局買ってしまった。

    セブンキャストのひきこもり魔術王

    というわけでデュセルメインの1巻目……。
    それなりに事件は起こっていたけど
    意外とのほほんとしていたという感じ。

    2巻でいかにもすごい出来事だったかのように
    ルーブル襲撃を語っていたからどれほどのものかと思ったら
    そのシーンはびっくりするほどあっさりしていた。
    こんなものだったんだな。

    アンジェラとやり合ってたときのほうが
    よっぽど事件っぽさとか戦闘のスケールとか大きかったな。
    あと、1巻と2巻でがらっとイメージが変わったというところもちょっとびっくり。
    というか、あれだけで傾くものなんだな。
    死への執着というのも案外たいしたことないのかもしれない。

    2016-87
    スポンサーサイト

    comment

    管理者にだけメッセージを送る

    Pagetop ]