封印区画

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

実験中

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  01  12  11  10  09  08 

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    肩すかしっぽい

    完全にアフィ期に入ってますね。
    年間100冊とか読めば3,4日に1回のペースで出るはずだから
    こういう時期が出てくるのはある意味必然だったりするんだが……。

    空戦魔導士候補生の教官11

    前巻の最後のほうで必殺技をそれぞれが身につけ
    そしていよいよ決戦だという終わり方をしてたんで
    初っ端のあれは、驚いたというかアレはないだろうというレベルの扱いだった。
    その後も、それありなの?みたいな突っ込みどころ多数の展開
    反則すれすれというか、半分くらいアウトな気が……。

    というわけで最終決戦は次に持ち越し。
    ゼスとは、大会終了後に一悶着あるだろうなとは思ってたんだけど
    それがまさかこんな形になるとは……。
    想定外と言えば想定外なんだけどなんか嫌な想定外ですね。

    あと、ここに来て修羅場っぽいことやったのも想定外だったりする。
    こっちは、いいぞもっとやれという感じなんだけど。
    ハーレムっぽい話でこういうのってなかなかないんだよな。

    2016-97
    スポンサーサイト

    comment

    管理者にだけメッセージを送る

    Pagetop ]