最後1対1になったところで
ああこれステルスやる流れだと思った。

転職アサシンさん、闇ギルドへようこそ!2

公権力が自分の力を誇示できないから
ギルドを潰そうというのがすでにアレなんだが
それにあっさり乗っかかるあいつも少し逝っちゃってるなという感じ。
でもこの話に出てくるギルドのNo.1って
どこかおかしいのが普通みたいだから
ああいう世界なんだろうと言ってしまえばそれまでの話

そんなわけで闇ギルドの取り締まりがきつくなる中で
主人公がそれを防ごうと努力……してないな。
むしろいつ潰されてもいいというノリだった気が……。
市長が悪いやつじゃなかったら完全に悪役だよな。
そんなことを感じました。まぁ、それがいいんだけどね。

2016-103
スポンサーサイト



2016.12.11 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/3088-ae83c326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->