ほのぼの系かな。
外の台風の風の音とのギャップがすごい状態になってる。
こういう日に読む本じゃないかも……。

お弁当代行屋さんの届けもの

絶対味覚を持つおばさんが弁当を通じて
問題を解決というかほぐしていく話かな。

最初の厨房だけきれいというのを見て
美味しんぼが思い浮かんだのは気のせいか……。
でもそういう人って意外といるんだよな。

一緒に作りましょという話が多めなあたり
込められた愛情を表現するにはそれくらいしかないのかなとか
そんなことを考えたりしました。
無茶な注文に完璧に近い回答を出してる反面
冷静に考えると金かかってるなとか思ったり思わなかったり。
おばさんの性格からして赤字でやってそうな気がしてならない。
でも、そこがいいとも思えるのが不思議なところ。

とにかく悪くはない。静かなときにさらっと読むのがよさそうですね。

2017-75
スポンサーサイト
2017.09.17 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/3323-77a7d3c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->