タイトルからしてファンタジーっぽいものかなと思ったら
わりと普通の現代物だった。

語り部は悪魔と本を編む

作家の卵が編集者との恋に落ちるところから
様々な難関を越えてなんとかデビューする話?
いや、なんか違う。
でもそんな感じだなと思える。
なんていうか、作家としての成長がメインなのか
それとも編集者との恋がメインなのかが微妙なんだよな。
両方が絡み合ってるといえばそれまでの気がするんだけど
それとも少し違う気がする。

そういう変なところで不思議な感じがする1冊だった。
読み終わってなお、変な感じがくすぶり続けてるんだけど……。

2017-82
スポンサーサイト



2017.10.13 Fri l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/3345-152b50d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->