吸血鬼ものってわりと定期的に新人賞から出てくるよな。

ジャッジメント/ブラッド 真祖の帰還

そんなわけで蘇った吸血鬼がわりと好き勝手やる話。
それっぽい組織に所属していても
裁く基準がわりと好みに依存してるというか適当すぎる基準でやってるため
いまいち緊迫感がない。
万能屋との戦いもなんで戦ってるの?って感じだったし……。
そういう意味ではわりと軽い話だな。
でも、これはこれで1回だけならありだと思う。
このノリで続くとうざそう。
2018-8
スポンサーサイト



2018.01.26 Fri l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/3418-af975b2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->