前巻のときに姉が一人二役やってるだけと書いたんだけど
今回も似たような感じ。
弟君、本当に影が薄いというか、いいところがないというか……。

榮国物語 春華とりかえ抄 二

前巻同様、海宝が濡れ衣着せられて失脚させられるのを防ぐ話
案外、こういうパターンが定着するのかも……。

今回は莉珠との同盟を逆手にとられるパターンなんだけど
こうして見ると莉珠は莉珠で無防備すぎるんだよな。
周り全員敵の子飼いとかどんだけ……って感じ。
ただ相手もそれなりに適当なので春雷が気づけば防げた気も……。
それが防げないからああなったわけで、そして春雷の影がうすくなると……。
結局のところ姉ありきなんだよな。

あと、海宝じゃないけど姉に女装させるのはちょっと……。
せっかくのとりかえ設定なのに倒錯感のかけらも感じられない。
せっかくの設定だからもう少し生かしてほしいなとか思った。
2018-23
スポンサーサイト



2018.03.29 Thu l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/3463-0500790c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->