ライトノベルの登場人物って
『欲望解放』状態がデフォルトのようなイメージがあるんだが
たぶん気のせいだよな。

ココロコネクト キズランダム

なんとなく買ってなんとなく読んだ。

無意識の欲望も掬い取るといってたのに
考えなければ大丈夫とかどういう理屈だと突っ込みたくなったが
それを言ったらこの話自体成立しそうにないので
そのへんは、考えないことにする。

前巻は、なんかいろいろ詰め込みすぎて
ごちゃごちゃしてるような印象があったんだけど
今回は、意外とすっきり読めました。

正直、いつも思いつきで行動してるような人間ですが
それでも理性というものが、ちゃんと働いてることを
実感することができました。

登場人物の関係は、変わったように見えて変わってない。
個人の認識がちょこっと変わっただけという印象。
このまま成長するとどうなるか気になるのが若干1名、
あとの4人は、だいたい想像がつくんだが
いい意味で裏切ってもらえることを期待しよう。
スポンサーサイト



2010.06.05 Sat l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/360-4cd33567
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->