3巻目にしてタイトルが「いった」とひらがなになってることに気づいた。
なんか意味があったんだろうか?

誰が為にケモノは生きたいといった3

素直に脱出するとは、思ってなかったけどこう来るか。
無理矢理完結させたからかもしれないけど
指輪の争奪戦とか根本から覆されるとは思わなかった。
最初のほうで指輪を失ったときは、
また不毛な争奪戦が始まるとばかり思ってたのに……。

それでも押さえるところはきっちり押さえて、
ラストもしっかりしてるのはさすがというところか。
もっともあんなことをするくらいなら
戻らなくても良かった気がしないでもない。
あれは、あれでありだとも思うんだけどね。
だったら地上編でもう一巻くらい……そんなことを思った終わり方でした。
2018-85
スポンサーサイト



2018.10.24 Wed l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/3605-32c5858b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->