『僕と死神の』で検索すると
思ったより多くの本がヒットすることを知った。
タイトルとしては意外とよくある組み合わせなのか?

僕と死神の七日間

突然現れたというか見えるようになった少女から
あと7日で死ぬと告げられ
そこからなぜか2人一緒に生活する話。

最初のちぐはぐさから
いつの間にか少女に振り回されてる主人公……。
受け身だとこうなるよねという典型的な話
しかも端から見てると一人でやってるだけというのが
まあ変態的なプレイというか一種の嫌がらせ?

中盤までそんなノリで読んでいたのに
第七夜から急にシリアスになるんだもんな。
こういう流れって嫌いじゃないけどなぜか苦手なんだよな。

そして最後のハッピーエンドのように見えて
なんかもやもやする終わり方。
いまいちすっきりしないなという感じでした。

2018-93
スポンサーサイト
2018.11.15 Thu l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/3622-e04857a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->