前巻のヒキがヒキだっただけに
今回どうなるかと思ってたが
想像以上に二転三転してて
誰が敵で誰が味方かも分からないカオス状態でした。

アサシンズプライド9 暗殺教師と真陽戴冠

逃げ回ってたと思ったらあっさり和平
かと思いきや、あっちもあっちでという感じで
まさにカオスといった感じでした。
ここまで退屈しない展開の話は久しぶりに読んだ気がする。
それくらいすごいというかひどい。
それでいてきっちりまとまってるのが本当にすごい。
そんな話ですね。

まぁ、主人公が主人公してないという気がするけど
その辺も気にならないレベル。
今回は本当によかった。
2019-5
スポンサーサイト



2019.01.24 Thu l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/3655-abee5443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->