人と話せないくらいの人間不信とまではいかないのに
人の作った料理に関してだけはとことん不信ってのは、
ある意味すごいこじらせ方である。

食べないお嬢と魔術学園の料理番

食べないお嬢様に手練手管を使って料理番が料理を食べさせる話……ではない。
というか、料理してるシーンなんてあってないようなもの。
もうある意味おまけと割り切ってるんじゃないかとさえ思える。
このタイトルある意味詐欺です。

で、実際のところは、とある組織から狙われてるお嬢様を
料理番の男(例によって強い)が守るだけの話
同級生が実は○○のトップだったり
主人公が元○○○だったりある意味お約束の塊みたいな感じ。
それはそれでありなんだけどね。王道とも言う。

意外と軽く読める感じで気づいたら読み終わってた。
悪くはない。
ただタイトルからイメージするものとなんか違う。そんな感じかな。
2019-10
スポンサーサイト



2019.02.09 Sat l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/3667-9a0c12c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->