--

Ⅱの位置が微妙すぎてぱっと見
前巻とのタイトルの違いが分からなかったりする。

そして異端の創換術師II 現代魔術師、千年前に転移させられたので新たな歴史を創る

前巻読んだときに絶対に続きは出ないだろうなと思ってたけど
まさかの二巻目
そうか、眠ったなら起こせばいいだけなんだよな。
読み始めてそんなことを思った。

そんなこんなで起こされて再び歴史に介入する話。
今回の話でもう敵にアレが渡っちゃってるみたいなんで
タイムパラドックスとか考えるだけ無駄。
もう好きなだけ介入していいんじゃないとか思ってしまった。
この分だと、また起こされるのは目に見えてるわけだし……。

でもアレでディランとかレジィナが死んでいたら
歴史が変わってたわけだし、ある意味主人公の介入って
はじめから織り込み済みだったりして……。
2019-47
スポンサーサイト



2019.07.28 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/3752-0ea33db5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->