800

このブログに読んだ本の記録をつけるようになって
800冊目ですね。
意外と続くものなんだな。

吸血鬼に天国はない

運び屋の人が吸血鬼の少女と一緒に生活するようになって
いろいろなことに巻き込まれていく話……。
ちなみに吸血鬼はわりと正統派というか
かなり伝承に忠実な感じなんだけど
実際あれは一番有名な吸血鬼の特徴だとかで
当てはまらない吸血鬼のほうが多いとかなんとか……。

で、こういう展開だと絶対黒幕とか真犯人がいると思うじゃん。
いないんだよな。これが……。
ただあの子が勝手にやってただけっていうのは、
無理ありそうな気がするんだけどね。
最後まで黒幕の存在を疑っていただけに
軽く肩すかしをくった気分でした。
2019-57
スポンサーサイト



2019.09.08 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/3770-8f126c19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->