未読本が増殖中な今日この頃。
でも新刊出てるのを見ると買ってしまう。

魔法も奇跡もない、この退屈な世界で

犯罪者がヒーローになる世界……。
義賊でもない限りさすがに無理があると思ったが
社会が壊れてるだけで十分成立するのか。
普通の小説だと裏でやってることを全面的に表に出したという感じかな

そんなわけで犯罪者の王が個人的事情で動いてるうちに
でかい事件に首突っ込んじゃうみたいな話なんだけど
個人的事情の占める割合が多いせいか
あまりでかい事件を止めたって感じがしないんだよな。

もっともフォルックの性格からして正義感にかられて
最初からでかい事件に首突っ込んでたらそれは違うってなりそうだから
この辺がいい塩梅なのかもしれない。

フォルックとキーツのコンビは結構いい感じだった。
ついででいる捜査官は重要な役割なのは分かるんだけど
なんとなく個人的に好きになれないタイプだった。
なんとなくだけど悪党に捜査官つけたらダメな気がする。
2020-17
スポンサーサイト



2020.03.21 Sat l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/3836-ee5f253f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->