「たとえ兄様といえど、敬愛する兄様を侮辱するとは許さないぞ」
相変わらずどうでもいい台詞が頭に残ります。

棺姫のチャイカI

棺を引きずってる孤独な魔法師。
これだけ見てどこかで読んだような設定だなと思って
考えてたら異端の魔道士セイルと同じだと気づく。
たしかあれも棺の中に杖を入れてたんだよな。
死体は最初から入っていたけど……。

作品が変わっても相変わらず
主人公はやる気ないけど強いみたいな感じですね。
もしかしてこの作者は、他のタイプの男性主人公を書けないとか……。

何かを集めるための旅ってのは
少し古いように思えたけど
よく考えると最近こういうのなかったから
逆に新鮮かもしれない。意外と期待できるかも。
スポンサーサイト
2010.12.26 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/631-d35c80c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->