最近読んだライトノベルの主人公が
ことごとくこれ系なのは、気のせいか。

紅のトリニティ2


どうやら「クレトリ」と略すらしい。
今までずっと紅を「あか」と読んでたので
違和感ありありです。
一歩間違うと「ク×トリ×」と言いそうに……。

本の内容に関係ないことはこのくらいにして
蝕の設定見て敵がこれじゃ駆引き的な意味で
いまいち盛り上がらないんじゃないかなと思ってたんですけど
当面の敵は、別にいるみたいで
今回は顔見せついでに軽くバトルって感じでしたね。
まだ駆引きどうこうというところまでは、いってないな。

にしても孤立していたはずの主人公が
1回クラスメイトを守って戦っただけで
ほとんどの人と打ち解けるってのは、少し無理があるような気が……。
敵意を持っていた人間がいきなり親しげに話しかけてきたら
少しひくのが普通のような気がする。
そのへんは、もう少しじっくり信頼を得ていく形にしてほしかったな。

スポンサーサイト



2011.01.23 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/668-1214abe6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->