もしかして角の生えたガタイのいい鬼って
日本特有のものだったりするんだろうか?

幕末魔法士〈2〉大坂鬼譚

と、いうわけで鬼の話なんですが
どうもオーク=鬼というのには、違和感があるわけで
西洋妖怪にそれっぽいのは、いなかったのか?

前回は、幕末って言われても
いまいちピンとこなかったところがあったんだけど
今回は実在の人物(名前が同じだけだが)とかが出ていたせいか
それなりに幕末の雰囲気はそれなりに出ていたように思う。
話もそれなりに楽しめた。

ただ無理矢理日本史をなぞろうとして
説明みたいな文章が多くなったのは、どうかと思うんだけど。
スポンサーサイト



2011.02.15 Tue l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/701-b54d8aa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->