以前、日本のトイレがハイテクすぎると
海外のニュースになってたことを思い出した。

世界一のトイレ ウォシュレット開発物語

さっき水を無駄遣いしてきた。
トイレを流してきただけなのにこの本を読んだあとは、こう感じる。
うちは、未だにタンク式の便器です。

たかが便器といえどここまでこだわれるということは、
本当にすごいことだと思ってる。
こういうこだわりが日本のトイレをすごいものにしたんだな。
というか、トイレはすごくなりすぎ。
読んでて後半の世界は完全についてけなかった。
よくあそこまで考えたものだ。

あと、最後に書いてあった言葉が印象に残ってます。

すべてを想定するのは、無理でも
想定外という言葉を使って逃げることはしたくない。


この言葉は本当に聞かせてあげたい人がいっぱいいる。
あの人とか、あの人とか……。
スポンサーサイト
2011.09.11 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/975-6fac31b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->